ソフトバンク光の低料金で、高品質なWi-Fiルーター

 

 

ソフトバンク光で使うルーターの選択肢

 

ソフトバンク光|低料金で、高品質なWi-Fiルーターをゲットする方法

 

ソフトバンク 光で行う契約はインターネット回線の利用契約になりますが、家庭内でインターネット回線の利便性をさらに高めるにはルーター等の設備を別途用意する必要があります。
ソフトバンク 光ではプロバイダとの同時契約でEWMTA2.3かEWMTA2.2 2.1、または光BBユニットを使用する事になります。

 

 

これらのルーターは月額467円でレンタルする事になり、この機材でサポートしている回線速度は100Mbpsまでとなっています。
ただし2010年5月31日以前に契約した方はレンタルユニットの月額利用料金が380円になっているので、自分がソフトバンク 光と契約した年月日を確認するようにしてください。
レンタル機材の速度は100Mbpsになってはいますが、あくまでもサポートできる速度が100Mbpsであってインターネット光回線の速度を保証するものではありません。
なので光回線の基地局からインターネット回線を接続している場所が遠いとそれだけ家に来ているインターネット回線の速度も遅くなるので、100Mbpsもの速度がでない可能性がある事を十分に留意してください。

 

 

しかしながら高速回線をサポートしているとはいえ、環境によって高速回線を体験できるかどうかは未知数な上にレンタル料金も500円近くと決して安くない金額なのであまり評判はよくありません。
市販のルーターならばレンタルされているルーターよりもはるかに性能が高い物が販売されており、価格帯もレンタルルーターのレンタル料金半年分から2年分で購入できるほどになっているため非常に安価です。
市販で人気のルーターとしてはAterm WG2600HP2 PA-WG2600HP2が人気の高いルーターとして知られています。

 

 

このルーターは市販の中でも市場価格で16000円と高い物になってはいますが、無線LAN接続に関しては最新の高速アクセス規格であるAC接続にも対応しているためWIFI接続を快適に行う事ができます。
また有線LAN速度も1000Mbpsとレンタル機材よりも高速回線をサポートしているので、使用環境によっては回線をルーターで分割してもほとんど速度を落とさずにインターネットが楽しめる様になります。
そしてセキュリティに関してもWPAやWPA2、そしてWEPと複数のセキュリティ規格に対応しているので、WIFI接続の電波を他人に干渉されてしまう心配がありません。

 

 

なにより強力な回線サポート能力を誇っているにも関わらず、重さがわずか600グラムで高さも18センチメートルほどしかないのであらゆる場所に設置できるというメリットがあり多くの方がAterm WG2600HP2 PA-WG2600HP2を利用しています。
ルーターを自分で用意する方法には自分で購入する方法とキャンペーンで受取る物を利用する方法もあります。
エヌズカンパニーではソフトバンク光を契約する事で、無線LANルーターと無線LAN中継機が無料で貰う事ができます。
回線サポート能力としてはレンタルの機材と同じ100Mbpsまでしかサポートされていませんが、有線LANポートを4つ装備している上に無線LANの接続規格もAC接続をサポートしているので非常に人気ある商品になっています。

 

 

この無料進呈される機材であるWN-AC1167Rは市場価格で凡そ3000円前後になっておりレンタルした時の利用料金の凡そ半年分なので、レンタルした時よりも安く価格で高速回線を使用できるというメリットがあります。
また壊れたとしても販売元の企業のサポート体制が非常によく整っている事で有名なので、メンテナンス環境の良さという点でも非常に有効な機材と言えます。

 

ルーターのトラブルで多いもの・対処法

 

ソフトバンク光等のインターネット回線を契約し、家でルーター設備を追加しようとすると多くの方が接続できないというトラブルに遭遇する事になります。
これはルーターの接続設定や配線が間違っているか、接続デバイスの設定が間違っているかのどちらかになります。
まずルーターの設定についてですが、機材のどこかにAPとRTという文字が掛かれたスイッチを探してみてください。

 

 

これは親機接続で行うか子機接続で行うかという設定になっており、ソフトバンク光で契約したインターネット回線からLANケーブルを接続する場合は親機接続をするためRTに設定してください。
反対に中継機として利用する場合は子機接続になるので、APという設定にしてください。

 

 

スマートフォン等の無線LANデバイスでインターネットに接続するためには、親機からのインターネット回線が必要になるので繋がらない場合はRTになっているかどうかを必ず確認するようにしてください。
そして次に注意しなければならない点は接続回線の数についてです。

 

 

契約内容にもよりますがソフトバンク光では親機接続で行える回線の数を制限しているので、例えば無線LAN機材に親機接続をし複数のパソコンでも親機接続で行ってしまうと、いずれかのデバイスでインターネットを接続すると他のデバイスでインターネットが接続できないという事態になります。
なので必ず接続ない時には、親機接続で行っているデバイスの数が多くなりすぎていないかどうかも確認するようにしてください。
また設定方法が難しくて分からない場合は、WPSボタンといって設定を自動で行ってくれる接続機器も販売されているのでこれらを利用した接続もお勧めです。

 

ソフトバンク光を使う時はどのルーターを使ったらよい?

 

ソフトバンク光はインターネットの高速回線をサポートしてくれていますが、接続する場所が基地局から離れすぎていると速度を出す事ができません。
なので計測サイト等で接続する場所でどの程度の回線スピードがでるのかを把握した上で、ルーターを購入する事をお勧めします。

 

 

速度がそんなに出ない場合は、レンタル機材やエヌズカンパニーで無料進呈してもらえる接続機器でも十分ですがレンタル機材の場合長期的に利用する事を仮定すると、コストパフォーマンスに優れないのでお勧めできません。
なので最低ラインとしてエヌズカンパニーが無料進呈しているWN-AC1167Rを使用して接続するようにしましょう。

 

 

そして基地局から近くて高速回線のソフトバンク光の性能を十分に生かせるという環境で接続するならば、市販で販売されているルーターの使用を強くお勧めします。
特にAterm WG2600HP2 PA-WG2600HP2は1000Mbpsまでの高速回線をサポートしているので、光回線の恩恵を十分に受ける事が出来る上にセキュリティ性能も高いので非常にお勧めです。
またもう少し低料金の機材を探しているという方にはWRC-F1167ACFもお勧めします。

 

 

こちらの機材は同じく1000Mbpsまでの回線速度をサポートしているにも関わらず市場価格が4000円前後と非常に安価な機材になっているため購入ランキングの上位に食い込むほどの人気商品になっています。
またAterm WG2600HP2 PA-WG2600HP2と比較すると、無線が届く範囲が狭くなっている点が気になりますが、それでもAC接続をサポートしているため十分な高速回線を体感できるようになっています。

 

 

以上の事からルーターでのインターネット接続を考えている人は、レンタルの機材は決して利用せずAterm WG2600HP2 PA-WG2600HP2等を購入するか、エヌズカンパニーがキャンペーンで無料進呈している物を使用するようにしましょう。